プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

実用しているCONFIG.SYS HX編

現在実際に使っているCONFIG.SYS PC-486HXで使っている物を掲載します。
----------------------------------------------------------
rem device= a:\boot\ye\TITLE.com /P a:\boot\ye\*.* /ZA30 /B100 /C100 /V60
rem device= a:\boot\ye\TITLE.sys /F /R a:\boot\ye\ /ZA900 /B200 /C2400 /V60

device= a:\boot\hsb.exe VC Y-
device= a:\boot\szonehx.sys


device= a:\boot\cinit\cinit98.sys -KS -D6 -N10 -Q -C; CONFIG.sys SELECTOR



rem 1 MELWARE for WINDOWS

device= a:\boot\xms\MELEMM.386 /HM /M D0,D4,D8,DC,E8,EC,F0 /NC /SW1 /SD C000 /P C0,C4,C8,CC /W2
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D1
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=1
FILES = 8
DOS=high,UMB



rem 2 MEMORY SERVER II

device= a:\boot\xms\VMM386.exe /E /W=C0,C4,C8,CC /X /H=63 /U=D0-DF,E8-F3 /@=EMM386.sys /M /I
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D2
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=1
FILES = 8
DOS=high,UMB



rem 3 NONE OF MEMORY DRIVER

BUFFERS=10
FILES = 40
device= a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\hsb.exe VC T2 I26 IMPU98 MM Y2
device= a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D3
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
DOS=LOW



rem 4 MELWARE for WINDOWS 3.1

device= a:\boot\xms\MELEMM.386 /HM /M D0,D4,D8,DC,E8,EC,F0 /NC /SW1 /SD C000 /P C0,C4,C8,CC /W2
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D4
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=1
FILES = 8
DOS=high,UMB



rem 5 MEMORY SERVER II for WINDOWS 3.1

device= a:\boot\xms\VMM386.exe /E /W=C0,C4,C8,CC /X /H=63 /U=D0-DF,E8-F3 /@=EMM386.sys /M /I
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\modisk2.sys /I0:4 /R1
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D5
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=1
FILES = 8
DOS=high,UMB



rem 6 MEMORY SERVER II with WRITE BACK CACHE

device= a:\boot\xms\VMM386.exe /E /W=C0,C4,C8,CC /X /H=63 /U=D0-DF,E8-F3 /@=EMM386.sys /M /I
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D6
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
SHELL = a:\boot\xms\LHcom.com a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=1
FILES = 8
DOS=high,UMB



rem 7 high RESOLUTION MEMORY SERVER II

device= a:\boot\xms\VMM386.exe /E /W=B0,B4,B8,BC /X /H=63 /U=E4-EB,ED-EF /@=EMM386.sys /I
device= a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\hsb.exe VR T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D7
device= a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\dos50a\clock1.exe
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=10
FILES = 50
DOS=high



rem 8 MEMORY SERVER II without DISK CACHE

device= a:\boot\xms\VMM386.exe /E /W=C0,C4,C8,CC /X /H=63 /U=D0-DF,E8-F3 /@=EMM386.sys /M /I
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D8
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=1
FILES = 8
DOS=high,UMB



rem 9 MEMORY SERVER II with DISKX2

device= a:\boot\xms\VMM386.exe /E /W=C0,C4,C8,CC /X /H=63 /U=D0-DF,E8-F3 /@=EMM386.sys /M /I
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D9
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
devicehigh= a:\boot\DISKX2\DISKX.sys
devicehigh= a:\boot\DISKX2\DXhigh.sys
devicehigh= a:\boot\DISKX2\XDRV.com
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=1
FILES = 8
DOS=high,UMB



rem 10 Himem.sys & EMM386.EXE

device= a:\boot\xms\himem.sys /testmem:off /verbose
device= a:\boot\xms\emm386.exe ram /em=2048 /x=16384 /f=c000 /i=a500-a7ff /i=d000-dbff /i=e800-f3ff /dpmi /highscan /verbose /umb
aaa a:\boot\xms\VMM386.exe /E /W=C0,C4,C8,CC /X /H=63 /U=D0-DF,E8-F3 /@=EMM386.sys /M /I
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D10
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
BUFFERS=1
FILES = 8
DOS=high,UMB



rem END

LASTDRIVE=Z

rem ----------------------------------------------------------------------- rem
rem device= a:\boot\hsb.exe VC Y- NCRESET VMM386- HSCPU-
rem device= a:\UT\NU\NCACHE.exe /EXT=5120 /BLOCK=4096 /QUICK=ON /a:A I C W /a:A I C W /C:A I C W /D:A I C W /E:A I C W /F:A I C W /G:A I C W
rem device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\modisk2.sys /I0:4 /R1
rem device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
rem device= a:\boot\PK586.com /B /WB /RSTK+ /BTB- /LOOP+ /LSSER- /WT1- /MEM+ /DTE+ /IO=0


スポンサーサイト

環境変数などをUMBに使う設定

CONFIG.SYSの次はAUTOEXEC.BATが読み込まれる。
ここでCONFIG.SYSで設定した環境変数もUMBに転移させる。


@ECHO OFF
必要な物しか画面に表示しない。
@はコマンドの表示をしないというもの。

SET ha=a:
SET hb=b:
SET hc=c:
SET mo=k:
SET mb=l:
set mc=l:
SET rd=m:
HDDとMOとRAM DISKのドライブレター


MD %rd%\TEMP
RAMディスクに\TEMP作成


PATH %ha%\DISKX2;%ha%\;%ha%\FD;%ha%\menu;%ha%\boot\xms;%hc%\windows;%hc%\windows\system;%ha%\MSDOS;%ha%\BAT;%hb%\;%hc%\
パス設定

SET PVI=%mo%\DAT\FMP\PVI
SET SOUND=%hc%\SB16
SET BLASTER=Ad2 I5 D3
SET MIDI=SYNTH:1 MAP:G
set temp=%rd%\temp
set tmp=%rd%\temp
SET EOS=%ha%\menu
SET PWINI=%ha%\temp
set avi=%hb%\pic\avi
SET COMSPEC=%ha%\COMMAND.COM
環境変数設定

PROMPT $P$G
MS-DOSプロンプトの表示設定

VERIFY ON
ディスクに書き込んだときのベリファイをONに

IF EXIST D1 GOTO F1
IF EXIST D2 GOTO F2
IF EXIST D3 GOTO F3
IF EXIST D4 GOTO F4
IF EXIST D5 GOTO F5
IF EXIST D6 GOTO F6
IF EXIST D7 GOTO F7
IF EXIST D8 GOTO F8
IF EXIST D9 GOTO F9
IF EXIST D10 GOTO F10
CONFIG SYSでCINITで分けたとおりにに分岐する





:F10

loadhigh %ha%\boot\xms\mvcom.com
lh %ha%\boot\xms\moreenv.com /E:1024
%ha%boot\xms\umbcnfg.com nf
%ha%\boot\xms\movbat.com
環境変数をUMBに移動するコマンドたち

lh %ha%\boot\MSCDEX.EXE /d:cd_101 /l:q /e /m:105
CD-ROM ドライバ

%ha%\boot\xms\cdl.exe -z2 -cd+
アクセスランプ

%ha%\boot\xms\UmbUTY.EXE LG E000;DG
E000h~を無理にUMBにする

lh %ha%\boot\xms\SMARTDRV.EXE A+ B+ C+ D+ E+ F+ G+ h+ i+ q /N /V 5120 1024
賢いディスクキャッシュ

%ha%\boot\xms\UmbUTY.EXE UG E000;CG
E000h~を元のGraphic V-RAMに戻す

echo .
echo .
echo .
ECHO *** Himem.sys & Emm386.exe ***
echo .
echo .
echo .
表示する

loadhigh %ha%\boot\xms\QUICK.COM
FDDを高速化する

lh %ha%\tool\player\cdm.com s
CD-ROM Player

%ha%\boot\xms\umbfiles.COM /b100
UMBにFilesを100に設定

%ha%\boot\xms\umbbuf.COM /b10
UMBにBUFFERSを10に設定

GOTO EE






:EE

ECHO [CTRL]キー +[GRPH]キー +[DEL]キーで、リセットできるよ。
表示する

MS-DOSにUMBやHMAを使わせる設定

では、メモリマップを良く確認したら次はMS-DOSを具体的にどう使うのかということですが、まずMS-DOSは起動するとIO.SYSから読み込まれ、MSDOS.SYSを読み込み、そしてCONFIG.SYSを読み込みます。

ユーザーが自由に指定して良いのは、このCONFIG.SYSです。
ここでUMBやHMAにソフトをロードする設定にしなければなりません。

em device= a:\boot\ye\TITLE.com /P a:\boot\ye\*.* /ZA30 /B100 /C100 /V60
rem device= a:\boot\ye\TITLE.sys /F /R a:\boot\ye\ /ZA900 /B200 /C2400 /V60
CONFIG.SYSで絵を表示する

device= a:\boot\hsb.exe VC Y-
PCの環境をしらべHSB.EXEに保存

device= a:\boot\szonehx.sys


device= a:\boot\cinit\cinit98.sys -KS -D6 -N10 -Q -C; CONFIG.sys SELECTOR
CONFIG.SYSセレクター

rem 10 Himem.sys & EMM386.EXE
ここでのremはCINITで呼び出されるブロックの固まりに使用。ここでは10番目ということ。

device= a:\boot\xms\himem.sys /testmem:off /verbose
メモリテストオフ、Ver.表示

device= a:\boot\xms\emm386.exe ram /em=2048 /x=16384 /f=c000 /i=a500-a7ff /i=d000-dbff /i=e800-f3ff /dpmi /highscan /verbose /umb
emm386exeをRAM作成として使用、EMSメモリの最低値は2048、XMSメモリの最低値は16384、EMSメモリのページフレームはC000h、空きUSBとして使用するメモリはA500h-A7FFh・D000h-DBFFh・E800-F3FF、DPMIを使用する、ROM BASIC領域もUMBとして使う、Ver表示、/UMBを使用する

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\ifnnsutl.com
SCSIボードのASPIドライバ

device= a:\boot\xms\umbuty.exe LG E000;DG
E000を無理矢理UMBにする

device= a:\boot\hsb.exe VU T2 Y2 I26 IMPU98 MM X-
HSBのモードを決めて常駐する

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\smarthsb.exe /c
HSBの補助をするドライバ

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\i1bhook.exe
MS-DOSだけで2048セクタのMOをリードライトするドライバ

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\icmdosm.sys
ASPI CD-ROMドライバ

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\scsi\plextor.sys /d:cd_101
ASPI PLEXTOR社製CD-ROMドライバ

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\xrdisk.exe -d:k -x:4096 -v:temp_drv
XMSメモリを使ってRAM DISKを作成

device= a:\boot\xms\DH.com a:\boot\cinit\MKDEV.sys -D10
CONFIG.SYSセレクターCINITのデバイス作成(Autoexec.BAT用)

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\xms\maxlink.drv
RS-232C同士でPCとの通信を行うためのドライバ

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\setver.exe
MS-DOSのVerが違うというだけで動くのを拒否するソフト用ギミックドライバ

device= a:\boot\xms\dh.com a:\boot\dos50a\clock1.exe
高精度タイマー

device= a:\boot\xms\umbuty.exe UG E000;CG
E000をGrapic Vramに戻す

SHELL = a:\command.com a:\ /P /E:1024
コマンドプロンプトの再ロードする指定・環境変数を1024Byte取る指定

BUFFERS=1
ディスクキャッシュの量(最低)

FILES = 8
同時に開くファイルの数(最低)

DOS=high,UMB
MS-DOSがサポートするメモリブロック・MS-DOS自身をロードする指定


rem END
CINITが管理するブロックの終わりを表現する

LASTDRIVE=Z
アクセスできるドライブレターの数


DEVICE= DH.COMはMS-DOSのDEVCEHIGH=と同じですが、DH.COMは無理矢理でもUMBに上げるソフトです。

ここでFilesやBuffersは最小に設定して、後でUMBに必要なFilesやBuffersを指定するという様にするのです。

次はAutoexec.batですね。

PC-98系のUMBのメモリマップ

 MS-DOSは標準では5.0から、非公式では3.3でもUMB領域にMS-DOS自身の決まり事(環境変数)をロードできます。それは、下のUMBでのメモリマップで「空き」と書いているところにできます。

 また本来1MByteまでしかアクセスできないMS-DOSですが、Intel CPUの固有のバグによりHMAと呼ばれる領域にもアクセスできるという嬉しい誤算がありまして、MS-DOS5.0(非公式では3.3も)では、MS-DOSの常駐領域の一部をHMAにロードできます。
 またこのバグは未だに最新のCPUに引き継がれています。

 そして、デバイスドライバをUMBの空き領域にロードすることで、0~640KByteのコンベンショナルメモリーの空きを増やすことができます。

 ではなぜ、コンベンショナルメモリーを空ける作業がいるかというと、ここのメモリの量で、PCのMS-DOSソフトが動く・動かないに関わって来るからです。

 そしてWindows9x系(Windows95・98・Me)では、システムリソースの使える量がコンベンショナルメモリーの空き具合によって大きく左右されるのです。
 実は、そういう仕組みで動くWindowsでしたので、コンベンショナルメモリーの空き=システムリソースの空きという事になるのです。

├─────────┤1M+64Kbyte
│  HMA       │
├─────────┤1Mbyte 10000h
│ ROM BASIC※   │
├─────────┤F400h
│   空き       │
│             │
├─────────┤E800h
│ Graphic V-RAM  │
│             │
│             │
├─────────┤E000h
│   空き       │
├─────────┤DB00h
│ (IDE BIOS)     │(←PC-9801シリーズには無くPC-9821シリーズに存在)
├─────────┤D800h
│   空き       │
├─────────┤D000h
│ EMS用メモリ用   │
│ フレーム窓     │
├─────────┤C000h
│ Graphic V-RAM  │
│             │
│     A500h    │
├──────┬──┤A800h
│TEXT用V-RAM│空き│
├──────┴──┤640Kbyte A000h

※PC-98のUMBメモリマップ、ただしROM BASICのアドレス値は正確ではないかも知れません。

MS-DOSを使いこなすには、メモリマップを把握して、確実にHMAやUMBを利用することが大切だと言えます。

おおまかなPC-98x1系メモリマップ

MS-DOSを理解するということは、すなわちメモリマップを理解することと同じです。
メモリマップとは大きく分けたら次のようになります。


├───────┤1M+64Kbyte
│  HMA    │
├───────┤1Mbyte
│         │
│         │
│         │
│         │
│         │
│  UMB    │
│         │
│         │
│         │
│         │
│         │
├───────┤640Kbyte
│         │
│         │
│         │
│         │
│         │
│         │
│         │
│         │
│         │
│ メインメモリ  │
│  または    │
│コンベンショナル │
│  メモリ    │
│         │
│         │
│         │
│         │
│         │
└───────┘0byte

MS-DOSは標準機能として1MByteしか使えません。拡張させて1M以上のメモリを使うことができるようになるのです。

そして、1Mまるまるアプリケーションに割り当てられているのではなく、アプリケーションやMS-DOSのお約束事などは全部0~640KByteの領域にロードされます。

640KByte~上の空間は、UMBと呼ばれて、PCのシステムが使う様に設計されているのです。

詳しいことはまた。

PCの理解を深めるきっかけとなったHDDの導入

 PC-486GRでフロッピーディスクで速いゲーム機として長く使っていたこのマシン、ひょんなところからHDDをもらいました。

 当時大容量だった40MByte www

それで、このHDDにWindows3.0とかMS-DOSのゲームとかをインストールし起動させるということをやってました。

気に入らなくなったらフォーマットして環境整えて、またインストールということで徐々にMS-DOSの知識が加わっていったようです。

大学時代を乗り切った、素晴らしいPC PC-486GR

大学時代を乗り切ることができたi486 25Mhz PC
それはEPSON PC-486GR3という機種。

PC-486GR3


これでPCの奥義や基礎を色々学びました。
MS-DOSの知識や言語の知識、PCの割り込みや拡張に関して色々やりました。

これを大学の生協で、\458000で買ったかな?
今から考えるとPCって高かったのですよね。

奥義に関しては少しずつ書いていきますね。
今日はこれにて。

悲運のPC

私の人生の中で最も在任期間が短かったPCのお話です。

それは、PC-9801DA(i80286 10Mhz)というマシン。
これは、大学合格祝いで親から買ってもらったモノでして、3月に早速日本橋の今は無き当時破格の安さのパルテックというお店で、購入致しました。

このマシンは、購入した後高校の友達からソフトを○○ーしてもらって、約500枚ぐらいしましたかねww

そのあと、大学に移り、PCを触っていて、「A列車で行こう3」にハマッたのが運の尽き。
このゲームはリアルタイムシミュレーションゲームなのですよ。

所詮(i80286 10Mhz)では、当時の最新であったPC-9801FA(i486 16Mhz)にも全然太刀打ちできず、速いマシンを早くも切望し始めて、結局その5月に新機種が出るという情報を聞きつけ、その新機種を買うための資金にしてしまいました。

早い話この機種は○○ーだけして終わってしまったのです。三ヶ月で。
悲しいお話ですね。

ゲーム機PC-88VA

まさしくゲームに使ったNECの88VAです。
実はこの機械は友達の家に置いていたモノでして、
遊ばせてもらっていました。

楽しかったなあ。
戦国ソーサリアンとか懐かしいです。

それから、エロサイトのコメントは問答無用でアク禁にしますのでよろしく。

BASICはファミコンでww

私がBASIC覚えたのは、ファミコンの「ファミリーベーシック」でした。

ファミコンてPC?
と思われている方、設計思想はPCからゲーム機能だけをピックアップしたもの
それがファミコンです。

ファミリーベーシックではRAMが2Kbyteしかなくて、それで
プログラム量どうやって減らすか、色々苦労してノウハウ吸収していった
経緯もありますね。

今でも5分あれば、多分組み立てられます。
そういえば、ファミリーベーシックのカセットは単三電池2本使う、
ファミコン初の「バッテリーバックアップ」だったですね。
2~3ヶ月しか持ちませんでしたがww

今はなきPCたち

私が初めて触れたPCはNECのPC-9801無印でした。
当時、8086 CPUを積んでMEMORYは128Kbyte、
フロッピーなどは外付けでN-88BASICでテープで読み込み動かしていました。

その当時は何もやってなくて、ゲームばっかしてたなぁw

久しぶりに日記っぽい何かを書くことに。

こんばんは、WELLNOWです。
一部では玉砕とも言われていますが、
とりあえず、ご挨拶申します。

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP