プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

PSVITA/Android/iPhon/iPod等へ映す動画の用意の仕方。

まず用意する画像はBD基準のFull HD動画を用意する。これをダウンコンバートすれば主線が細くなり引き締まった映像となるからである。

変換前1920x1080dot→変換後1280x720dotのHD画質を用意する。PSVITAが最大720pであることから1280x720dotが最も大きいサイズとなる。

最もPSVITAは960x544dotが画面の最大であるため、実際に見えるのは1280x720dotでも960x544dotにダウンコンバートされて表示される。しかし、ダウンコンバートされるのは悪いことではなくむしろ主線がより細くなりさらに引き締まった動画が堪能できるというメリットがある。

なおPSVITA/iPhon/iPod対応している動画が厳しく、現段階ではH264動画とAC3かAACの音声を用意するのが好ましい。コンテナはmp4がよい。


忘備録として複数音声が入っている場合のコンバートの仕方

MKVやMP4はコンテナファイルであり実際にはさらにH264フォーマットの動画、FLACやAACやAC3等の音声などを含んだものである。
ここで一番苦労した3パターンの動画のコンバートの仕方を記録しておく。

I.1920x1080dotのMP4(23.97fps)の1280x720dotへの変換について。

・落とし穴
複数の音声付(①2ch+②2chや①5.1ch+②2chなど)の1920x1080dotの動画をHandbrakeで1280x720dotに変換すると、音声の①しか持ってこないので②が消えたファイルができあがる。
→HandBreakでダウンコンバートした動画に②の音声を追加しなければならない。

1.mp4boxとyambをググってダウンロードして適当なフォルダにこれら2つを入れる。
※mp4boxはCUIだがそれをGUIにするのがyambである。

2.1980x1080dotの動画(以下Full HD動画と筆記する)をHandbrakeで1280x720dot(以下HD動画と筆記する)に変換する。

3.yamb.exeを起動し一番目の「Click to create an MP4 file with multiple audio,submit and chapters streams.」(以後★と記載する)をクリックする。

4.開いたWindowにHD動画をDrug & DropしてVideoとAudioの上と下の両方の箱にチェックを入れる。

5.4.の状態で、Full HD動画をDrug & Dropして、それの一番下の音声②のみチェックされた状態にする。

6.Browseで保存位置を決めNEXTをクリックするとHD動画の画質1280x720dotと音声①と音声②がコンテナmp4にまとめられる。


II.1920x1080dotのMKV(23.97fps)の1280x720dotへの変換について。

・落とし穴
mkvtoolnixを用いてVIDEOとAUDIO①AUDIO②に完全に分離してしまうと、動画とAUDIOの同期がずれた動画が出来上がる。
→MKVからmp4へFreemake Video Converterで変換するときも動画とAUDIO①の同期は残したまま変換するのがポイント。

1.Freemake Video Converterをググりインストールする。

2.Full HD動画(MKV)をFreemake Video ConverterでHD動画(mp4)へ変換する。※このとき動画は30fpsへ設定すること。

3.mkvtoolnixとMKVExtractGUIをググり解凍して同じmkvtoolnixフォルダに入れる。

4.mkvtoolnixフォルダの中にあるMKVExtractGUI2.exeを起動して、Full HD動画(MKV)からAUDIO②を抜き取り適当なフォルダに保存しておく。

5.mp4boxとyambをググってダウンロードして適当なフォルダにこれら2つを入れる。

6.yamb.exeを起動し一番目の「★」をクリックする。

7.開いたWindowにHD動画をDrug & DropしてVideoとAudioの上と下の両方の箱にチェックを入れる。

8.4.で抜き取ったAUDIO②を7.のウインドウにDrug & Dropしてチェックを入れる。

9.Browseで保存位置を決めNEXTをクリックするとHD動画の画質1280x720dotと音声①と音声②がコンテナmp4にまとめられる。


III.1920x1080dotのMKV(23.97fps)のFLAC音声での1280x720dotへの変換について。

・落とし穴
→FLACのAACやAC3変換は別のソフトで行うしかなく動画との同期がずれるので、必ずFreemake Video Converterの設定で30fpsへしておくこと。

1.Freemake Video Converterをググりインストールする。

2.Full HD動画(MKV)をFreemake Video ConverterでHD動画(mp4)へ変換する。※このとき動画は30fpsへ設定すること。

3.mkvtoolnixとMKVExtractGUIをググり解凍して同じmkvtoolnixフォルダに入れる。

4.3.のソフトでFull HD動画(MKV)からAUDIO①とAUDIO②を抜き取り適当なフォルダに保存しておく。

5.BonkEncでググりダウンロードしてインストールする。

6.4.で抜き取ったAUDIO①とAUDIO②をAC3かAACにコンバートして①'と②'を作る。

7.mp4boxとyambをググってダウンロードして適当なフォルダにこれら2つを入れる。

8.yamb.exeを起動し一番目の「★」をクリックする。

9.開いたWindowにHD動画をDrug & DropしてVideoとAudioの上と下の両方の箱にチェックを入れる。

10.6.コンバートしたAUDIO①'とAUDIO②'を9.のウインドウにDrug & Dropしてチェックを入れる。

11.Browseで保存位置を決めNEXTをクリックするとHD動画の画質1280x720dotと音声①'と音声②'がコンテナmp4にまとめられる。


以上
スポンサーサイト

MKV(コンテナ)ファイルをmp4(コンテナ)ファイルに変換する奥義?

外国のサイトには希にあるMKVというコンテナファイル。コンテナとは中に動画や音声やその他字幕等を詰めたパッケージというものでしょうか。

MKVやmp4もコンテナファイルであり、中身の動画はある程度種類や方法を変えても動作させられます。

mp4はまだ変換するエンコーダーがたくさんあり、質や時間で選ぶ事が出来ますが、MKVはそう一筋縄ではいけません。

まずMKVのコンテナの汎用性故、動画の形式も音声の形式も様々行けるので、エンコーダーにとってはなかなかの大敵であるといえましょう。

色々2日ほどググってようやくMKV to 色々 にエンコード出来るフリーのソフトを見つけました。
Free Make Video Converter
http://donkichirou.web.fc2.com/FreeVideoConverter/FreeVideoConverter.html

これを使えば手強いMKVもmp4等の汎用性高いコンテナに乗り換えられます。

Vitaを簡易AV機器にする

さて、PS Vitaを先日買ったのは良いですが、PSPのソフトでPSPを使ったりしてVita本体は全く触れていないので、ゲームが出そろうまでVitaには別の進路を歩ませることにしました。

せっかく有機ELの5inchパネルで960x544dotの美しい画面があるのですから、ここは動画を用意するのが一番手っ取り早い役立たせ方法であると思えます。

それで1280x720dotの動画をそのままコピーしても再生できない形式もあり再エンコードしてからVitaに取り込ませるやり方で行きます。

エンコードに関しては960x544の動画を用意するのが一番しっくり来るとは思うのですが、他の機器では1280x720dotで見られますので互換性を重視して特に余分な解像度のファイルを保存する余裕もないですし、1280x720で行こうと思います。

再エンコードでは1280x720dotでぎりぎり綺麗だと思われるのは1500kbpsの動画で1300kbpsになると色々粗が目立ってきます・・・ので1500kbpsで行こうと思います。

現在用意できているのは「あの夏で待ってる」と「バカとテストと召喚獣」の第一期BD版to1280x720dotですね。お風呂で長湯するときにはパッキン付ビニール袋にVitaを入れて防水して、鑑賞しながらくつろぐ・・・という様に使う予定です。

さて再エンコードに使うソフトを色々探しましたが、HandBrakeというのが視覚的にわかりやすく、品質の設定も「出来上がりの大きさ」「平均BitRate」「品質」と3つから選べます。エンコード後の画面の大きさもフレキシブルに決められます。
http://sourceforge.jp/projects/handbrake-jp/

アプコンするときにはAVIUTLを使うのですがダウンコンバートや再エンコードに関してはHandBrakeがお勧めです。

"世界はあたしでまわってる"無事クリア!

 昨日書き込みしたソフトですが、今日クリア出来ましたので記念書き込みします。

 ラストダンジョンは5層構造で、広さもありますが、「固定」エンカウントが有り、WP(わがままポイント)が100程消費されて、残り200Pintsぐらいでラスボス戦・・・こちらは最強武器買えていないので苦しいかと思いまして、闇アンジェラ(主人公の名前で、光・闇は町に入る前によく考えて自由に決められる)ならではの"あんた、実は弱いんでしょ"(攻撃力が落ちる)と"あんたは半分"(HP半減)使って、あっさり勝てました・・・いやまあここまでしなくても普通に戦っても勝てたな・・・そもそもLV86って上がりすぎの様な気もしますが、クリアできました。

 非常にサクサク進めまして、ほとんど迷うところはなかったですね。アイテムドロップを待つクエストが地味にきついと言えばそうだったかも。クエストはわがままでかなえられるのですが、今回はあえてそういうやり方はしませんでしたので、それなりに達成感はあります。

 このゲームは最初DSで出て、PSPで改良されて叶えられるわがままも増えたようですね。なのでPSP持っている方は是非一度やってみたらいいと思います。サクサク感重視で結構はまります。

 ただクリアしてもやり込み要素はアイテム図鑑の完成ぐらいしかないので、レベルマックス、ステータスカンストまでやるかどうか・・・というか既に強いので後は買えていない"妖刀村正"ぐらいですね。50万ギルバート(という通貨単位)必要なのですが、あと10万ギルバート足りません。これは買ってラスボス戦で試したいと思います。

 簡単に感想と解説しましたので、興味ある方はググるかヤフオク・アマゾンあたり見られたらいかがでしょうか。私もお勧めされたのでやってみて気に入りましたので、私からもお勧めいたします。

"世界はあたしでまわってる"が面白い

PSPのRPGで、世界はあたしでまわってるというソフトを今やっています。

元々はNDSでも出ていたソフトなんですけれど、PSPになっていくつか改良されたそうです。

このRPGはRPGが抱える自己矛盾を見事に撃破した作品として、私は高く評価いたします。RPGが抱える自己矛盾とは究極的に「雑魚狩りしてお金と経験値貯めるのは面倒くさい。でも中ボスやラスボスクリアした感動は欲しい」ということですね。

無意味な労苦を強いてそれが報われたときに一種の勘違いを起こさせているのですが、気づいていたらそれはゲームの基本価値だとでも言うように、この方面で画期的な努力はあまりされているゲームは見あたりませんでした。

しかし、世界はあたしでまわってるをやると、主人公のわがまま=プレーヤーのわがままが叶うシステムになっており、"アイテム出して欲しい"とか"経験値少なくない?"とか普段気になっている事柄に関してわがままでそれが叶います。

中ボスレベルでも"あんたは動くな!"とか"静かにしなさい"とかわがまま言いたい放題。モンスターレベルも上げたり下げたり、最終的には"クエスト面倒くさ~い"でクエストも解決します。

こんなはちゃめちゃでも、なかなかバランスは取れておりバランスが悪いと、主人公のわがままは食事を通してパラメーターをも上げてしまいます。

そんな気になった作品が、世界はあたしでまわってるです。

| ホーム |


 BLOG TOP