プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hi-MD Recorder MZ-RH10 がテスト完了

テスト結果をご報告いたします。
いくつかの項目で気になることを挙げます。

・汚れというより指紋が大量に付いていましたので拭き取りました。
・その他は落下跡・ひび割れ・歪み等は見受けられず。外観は良好です。
・充電電池は、寿命っぽいのですが中古だから仕方有りませんね。
・本体の作動音(ヘッドが動く音)がやかましい。
・マイクによる感度がまあまあ良い。
・Windows7につなげばそのまま外部ストレージとして認識されるので、デバイスドライバとか要らない。
・SonicStage4.4が動くのでPC←→Hi-MD間で曲に関してはおおむね問題なかったが、一部変換できない曲があった。
・外部ストレージとしての速度はUSB.1.1だから遅いものの、変換し終わった曲から次々と転送しながら変換するので実質気にならない。
・リモコンは慣れないと、ブラインドタッチでは触れない。
・外部電源はACアダプタと単三乾電池が使えるので、録音時間は問題なさそう。
・Hi-MDメディアで、録音時間は実質は34時間であった。
・通常MDのHi-MDフォーマットは中々よく、10時間以上の記録が出来る。
・通常MDの単価はかなり安いので、ランニングコストは良いと期待される。
・OPTICAL機器でのテストは、現状機材がそろっていないので出来なかった。

以上テスト結果でした。

この商品がなぜ中古になるのかという理由も2つ程思いつきました。
・Hi-MDメディアによる録音時間が現行機種MZ-RH1の45時間と比べ34時間と短いこと。
・MP3の再生可能周波数が現行製品のMZ-RH1の32/44.1/48Khzと比べ44.1Khzしかないこと。

このあたりの不便が中古になる要因かとおもわれました。

しかし実質運用するに当たっては、安い安価な通常のMDメディアを用いてMi-MDフォーマットをして10時間強の記録時間の魅力は失われません。
これは現行製品MZ-RH1でも本製品MZ-RH10でも変わりないようなので、このまま使わせて頂くことにしました。
スポンサーサイト

<< 千里朱音を天井に貼り付けた! | ホーム | Key主催Rewrite「トレーディングキャラクターポスター配布」会行ってきた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。