プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A列車で行こうIII

私はSim CityとかSim Earthとかそういう環境育てゲームが好みでして、当時最もハマッたのがA列車で行こうIIIというゲーム。




このゲームは鉄道会社を経営して駅を作り、それをすることで地域開発が行われて、乗客を増やし新たに資金を得て、さらに路線を造っていくというリアルタイムシミュレーションゲーム。

a3-1.jpg


田舎の駅が↑
都会になっていく↓




ARTDINK制作のゲームは、インターフェースが一癖も二クセも変わっているのが特徴ですが、慣れるとハマるシステムでして、これがなかなか良い。

元々鉄道模型ファンであった私はNゲージで遊んでいたこともあり、これはばっちりハートを捕らえてしまいました。

しかしよく考えてみると、Nゲージファンであった理由は、さらに銀河鉄道999が好きだったから。という理由に直結しますねw

今はWindows版として、A列車シリーズのゲームが復刻されていますが、やはりMS-DOSでやった方が味がありますね。

このゲームのおかげでPC-9801-DA(i286 10Mhzの)から、PC-486GR(i486 25Mhzの)という機種に買い換えましたし、もちろんこれも前述のPC-9801-86 FM)音源ボード(通称86ボードに対応しているのですが・・・・

このゲームはMIDIにも対応していたので、ここでさらに色々奮発することになります。
スポンサーサイト

<< 結果的にDTMの予備軍 | ホーム | FM音源ボードPC-9801-86導入 >>


コメント

懐かしいですね~

こちらのブログに始めてお邪魔させていただきました。
matchpotchです。

AⅢですか~懐かしいですね~
どちらかというと、僕はAⅣにはまったクチですが、
このころのPCには無性に燃えた気がします。

当時はまったのは、プリンセスメーカー(初代、次代)
大戦略Ⅲ、Ⅳ、英雄伝説Ⅰ、Ⅱ。。。
懐かしい~っ

下の記事の86ボードも、BX/U2に装着
していました(FELLOWには音源無かったんです)
ただ、Cバスが2スロットしか無かったため、
Cバス外部メモリ4MBに86ボードと、(FELLOW
にしては)めいっぱいの拡張してました。

Cバス1基を3基に分岐するキワモノもありましたね。
当時の98は今のような「文房具」ではなく、
「制覇」しがいのある「趣味」でした。

matchpotchさんはじめまして!
ここでは「みずお」と申します。

そのCバスの事も今後書いていきますので、お楽しみに!

確かにFellowよりMateの方が拡張性はあったかもね~
そのうちに真打ちPC-9821Xv13/W16が登場します。
これはすごかったですよ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。