プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows3.1を使いやすくするもの

さて、標準の状態でWindows3.1を使うと色はともかく、デスクトップが狭い。なにせ640x400dotですからね!

それで、いくばくかもしないうちに、複数のメーカーから今は単にVideo Cardと呼ばれていますが、当時は「ウインドウアクセラレータ」という名前の物が出てきまして、広い画面で色数も多くいけるというものが出てきました。

最初は、先輩からCanopus製Power Windows 801を購入したのですが、V-RAMを増やしたいのと、速度アップの為にすぐにPower Window928-2Mを購入致しました。

Power Window928(写真は1Mのもの)
Power Window928II-1


この頃のCバスに刺すボードとしては最速※であったと思います。S3社86C928を搭載しV-RAMは拡張キットで標準1M+拡張1Mで合計2Mになり、1024x768dotでハイカラー(65536色)対応でして、3.1時代すぐのカードとしては文句なく快適でした。
※最終的にはPower Window968がCバス最速でした。

ちなみにフルカラーも行けたはずですが、Cバスは16bitですので、16bit色の65536色以上の32bit色になると、描画速度が目に見えて落ちたので使わなかったですね。

このボードはEPSON純正・NEC純正のモードにも対応していましたので、Windows3.1のメーカードライバ集でも使えましたけれど、カノープスモードで使ってカノープスのドライバで動かすのが一番速かったですね。

ボード背面ぽく



さらに少し時代が下れば、Windows3.1時代とはいえMS-DOSの全盛期でしたので、このボードを使ったMS-DOSアプリケーションが開発されて、さらに前述PC-9801-86 FM・PCM音源ボード※とも相まって、マルチメディア系フリーソフトが色々と開発されました。
※http://wellnow.blog51.fc2.com/blog-entry-19.html

ただ、Windows3.1の構造上の問題で、色数が多いとアイコンが表示される数に制限がかかるっていうのがありましたので、標準的には皆さんきっと256色で使っていたのではないかと思われます。
スポンサーサイト

<< Windows3.1を使いやすくするもの2 | ホーム | Windows3.1の導入 >>


コメント

あこがれでした・・・

懐かしいですね~
PowerWindowシリーズ。
この頃からカノープスのビデオカード評判良かったですね。
私もATに移籍してからは3世代「SPECTRA」シリーズ
使ってました。

とはいえ、当時のPowerWindowシリーズは高嶺の花(高値の花?)
もっぱら親しみ安かったのはシーラスロジックのGD5428とかでしたね(^.^)

>>matchpotchさん

そうですね。実はオプションの1MのV-RAMとPowerWindow928は同時に買った訳ではなくて、1月ぐらい遅れて拡張V-RAMを購入したのです。
 なにせ値段が値段だったので、いちどには買えなかったのですよww

細かい値段は忘れましたが40K~50Kぐらいだったっけ?
色々買い物してきたので、それぞれの部品に払った金額は覚えていなかったり(^^;

> みずお さん

> 細かい値段は忘れましたが40K~50Kぐらいだったっけ?

当時は、「なんでも」そのあたりに相場がありましたよね。
売れ筋ビデオカードしかり、HDDしかり、メモリしかり。

今はその"線"が15K~25Kくらいに下がってきている気がします。
手に入れやすくなったんですね(と同時につまらなくなったんですね)
->今のPC

当時のPCは、なんか「面白かった!」ですよね~
Oh!PCとか、大学の生協でかじりついて立ち読みしてました(^.^;

そういえば、98ローカルバス対応の
「ウィンドウアクセラレータボードA2」なんてのも
ありましたよね。MATROXのMGAIIチップがあこがれ
でした。(私もATの黎明期はマトロックス派で、ImpressionPlus
-->MGA-2064SWU(ミレニアム) --> MGA-1064SG(ミスティーク)
でした。カノープスがビデオカードから撤退するまでは、パフォーマンス
より高解像度の画質重視でした。

matchpotchさん

>>当時のPCは、なんか「面白かった!」ですよね~
Oh!PCとか、大学の生協でかじりついて立ち読みしてました(^.^;

そうなんですよ!
投資したら投資しただけ機能がUPして、便利に使えて「こんな事もできるのか!」みたいに、趣味としては高価な趣味ですけれど、本当にやりごたえがありましたねw
Oh!PC、毎月買っていましたし、今家にまだありますよwww

マトロックスチップは2Dでは当時最速ではなかったかとw
もちろん発色もよくてw

わたしは住友金属工業のMGA-2064SWU積まれたCバスのボード持っているのですが、デバイスドライバが欠品していまして、これの真価がわかんないのですよ。
一般に手に入る最速は確かにPower Window968なんなのですけれどねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。