プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

今頃またPS Vita PCH-1000 ZA02(ホワイト)を購入

一昨日、PSvitaのホワイト(但し初回版PCH-1000)を購入しました。

なぜ今頃初回版なのかというと、初回版は画面が有機ELにより特に黒が美しいのです。
有機ELというのは色素自体が発光して色を放つため、黒は光らない事で表現されます。

それが液晶との大きな違いで、液晶はバックライトの白い光をRGBカラー色素で遮る事で光に色をつけます。つまり黒を表現するのは全てのバックライトを液晶が遮らなくてはなりません。でも液晶は完全に光を遮る事は出来ません。明るい黒になるのです。

現在発売されているのはPCH2000代でして、これは画面が液晶に戻った?ということで黒が美しくないのですよね・・・なので、わざわざ旧型を買った訳なのです。

本体の色については、私はホワイトが好きです。なぜかというと、ホワイトはホコリがついても目立ちにくいというのがありますし、傷も目立ちにくいです。ただ汚れに関しては目立つので、汚れたら無水アルコールを含ませた布で拭きます。

これで本体のバックアップも出来たし安心して持ち歩けますね。

さて今日はPS Vitaの画面を保護するシートを購入しましたので早速貼り付けました。
【PCH-1000シリーズ対応】気泡ゼロ高光沢防指紋保護フィルム

こういう画面保護フィルムを綺麗に貼るためには、いくつか下準備が必要です。

欲しいのは
・エアブラシ(可燃ガス缶でよい)
・無水アルコール(エタノール、メタノールなど)
・ゴミを拭き取るための布(この製品には付属)
・セロテープ
・拭き取る前に手をよく洗う
・作業場は乾燥した風呂場がよい
・帽子をかぶり、マスクをつける

まずは、
1.PS Vitaの表画面や周囲の全てのホコリをエアブラシで吹き飛ばします。
2.それでも飛ばなかったホコリは、ゴミを拭き取るための布(以下布と記す)で丁寧に拭き取ります。
3.それでも取れないホコリは、無水アルコールを布に浸して(少しでよい)、取れなかったホコリを拭き取ります。
4.さらに1.~3.を繰り返して完全にホコリをなくします。
5.目に見えるホコリがなくなったら、この製品の説明書の通り、三分割されているまず真ん中の保護フィルムの保護フィルムを剥ぎ取りPS Vitaの表画面に位置決めを焦らず正確に行います。
6.位置決めが終わったら、左右の保護フィルムの保護フィルムを剥ぎ取りPS Vita画面と周辺まで貼り付けて様子を見ます。
7.もしホコリが入ったならそこまではがして、PS Vita表画面にホコリがあるなら1.~3.を試し、保護フィルム側にあるならセロテープでホコリを引っ付けて取ります。
8.なかなか上手くいかなくても、丁寧に作業すれば結果は出るでしょう。

こんな感じで作業して綺麗に貼れました。
スポンサーサイト

<< このすば!in the life!の魔法連携メモ | ホーム | A列車で行こう9 Ver.4.0 Masters Editionを導入 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP