プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

新しい中古PC(意味不明)を購入しました!

先日9年にわたって使用してきたメインPCであるLenovo W500 4058 CTOが故障しまして、エンコードも何も出来なくなってしまったため、新しく(中古PCですが)購入しました。

型番はLenovo T520 4241というやつで、14.1インチでフルHD(1920x1080dot)でintel Core i5 2520M(2 core HTTで4スレッド 2.5Ghz TB時最大3.2Ghz)、メモリは8GByte、グラフィックはintel HDグラフィックスとnViidia NVS 4200を搭載しています。

でもメーカーのデフォルトではなく、販売店が320GB HDDは256GBのSSDに、メモリは2GByteから8GByteへそれぞれアップグレードされた「今現在仕様としてもミドルレンジ」ではないでしょうか。

とりあえずデフォルトでSSD乗せた状態で電源入れたら20秒ぐらいで起動しましたので「大変」驚きました。SATA IIIってこんなに速いんだ、さすがSSDだなって実感しました。

ただ私は大容量でないと困るので起動用にToshibaの1TByteのHDDに換装して運用することにしました。

それでHDDだから速くないだろうと思ってHDDにはたいした期待をしていなかったのですが、SATA IIIの威力はここでも発揮されました。

今まで使っていたのは何だったのだろうと、パーツの真の力を発揮できていなかったんだな・・・などと遠くを見る目になりましたよ。

さて色々触っていく内に色々慣れていない部分でちょっと苦戦しました。

たとえば私はATI Radeonをこよなく愛していたのですが、今回のnVidiaは人生に2回目(1回目は20年前のPCIバス接続のもの)でした。

そのためnVidiaの最近の技術に疎かった物でintel HD SystemとnVidia NVS 4000を再起動なしにアプリケーション「特に3D描画にはNVS 4000」を自動で割り振る機能らしいのですが、上手く切り替わらなくて「A列車で行こう9 Ver.4.0」が上手く動かなかったので手動でNVS 4000を設定したり、超昔の3DゲームはIntel HD Graphicの方が動くというノウハウを得ました。

後はエンコードの速度を体感したいのですが、昨日アマゾンで注文した2nd HDDベイが届かないせいで、まだ試していません。

エンコード用の素材はその中に入っているので2nd HDDベイが届かないと・・・

スポンサーサイト

<< NewPCはエンコードも速かった! | ホーム | 9年使っていたNotePC(メイン機)が故障してしまいました・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP