プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

NORTON Utilities

ご存じの方も多いNORTON Utilitiesです。
こんなMS-DOSの時代から有ったんですよw

知らない人のために説明すると、このソフト群はMS-DOS(やWindows)では無い機能を実現させるためのソフトです。具体的に何が無いかというと誤ってファイル削除した後のファイルの復活「QU(Quick Unerace)」、ディスクの検査「NDD(NORTON Disk Doctor)」、デフラグ「SD(NORTON Speed Disk)」など。
他にも色々な便利なソフトが入っていて何かと助かりました。このソフトに何度危機を救ってもらったか分からないぐらいです。
Title 画面
Norton Title Logo


当時のNORTON Utilityはこのように1つ1つのプログラムの集まりであり、1つ1つのコマンドに説明がついているというHELP付きランチャーで起動していました。
この写真はNorton Disk Doctorの解説を示しています。
Norton Disk Doctor1


実際にNorton Disk Doctorを起動した画面です。ディスクの診断、一般的な問題の解決という項目がありますね。
Norton Disk Doctor2


ここではディスクの診断を選択した画面です。ドライブレターに従ってパーティションがずらりと並んでいます。このVersinのNorton Disk DoctorはFATしかサポートしていませんが、その代わりFloppy Diskや光磁気ディスクもサポートしていました。
Norton Disk Doctor3


実際に診断中の画面です。特に何も無ければこのまま診断を終了し、レポートTEXTの作成の有無を確認する画面が出てきて終了です。
Norton Disk Doctor4


これはNorton Speed Disk(デフラグ)の説明です。昔のマシンはまあとかく遅かったですし、Floppy Disk等で運用するとファイルが連続していないとさらに遅い。そういうわけでスピードディスクなのですね。
Norton Speed Disk1


Norton Speed Diskを選択するとこのような画面が出てきます。ディスクの最適化・ドライブ変更・オプションの選択・ディスク状態などが選択できますが、普通はそのままディスクの最適化を選べばOKです。
Norton Speed Disk2


Norton Speed Diskを実行している画面です。丁度書き込み中の写真ですね。デフラグはWindowsにもついていますから、割と慣れた画面であると思われます。
Norton Speed Disk3


Windowsでは付いている機能も元を正せばこういう便利なソフトを後から取り込んで完成しているわけでして、このようなユーティリティは各会社から色々な形で発売されていました。当時はこういうユーティリティを集めて使うことでコンピュータが便利に使えると実感したものです。
スポンサーサイト

<< MS-DOS+ファイラーでの壁紙 | ホーム | 1パーティションで複数のMS-DOS起動を実現するHSB >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP