プロフィール

瑞尾 義昭

Author:瑞尾 義昭
Author:WELLNOW
Skype:wellnow2
MSN:wellnowwあっとまーくhotmail.co.jp

PC系なつれづれ日記です。

でも今はネタないので、昔の事を徐々に紹介していくことになります。



このブログは基本的にリンクフリーです。

事後で結構ですので、ひと言メールいただければありがたいですけれど。



今見かえすと、「知らない初心者にも雰囲気分かるように」ってがんばって、なるべく専門的な事は控える様に書いていたつもりですが、どうも上手くいってませんね。

写真を多用していますから、雰囲気だけでも分かってもらえたらそれで満足ですよ。

よろしくお願いしますね♪




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも一覧


■ ブログ名:フリーソフトブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MASLとM-MASLの違いの例

MASLが開発されて、色数を増やしたいから256色対応のM-MASLが出来た。これはそのとおりです。しかし、その256色が堪能出来る本来のユーザーはPC-9821シリーズユーザーだけ。PC-9801やEPSON PC系ではそのままではM-MASLは見ることができなかったのです。

しかし、色数が増えるとやはり作品のクオリティもあがります。下がその例でして、片方はM-MASL版、もう片方はMASL版の同じところを見てもらいます。

(M-MAS版Lのらんま1/2のOP途中)
http://blog-imgs-19.fc2.com/w/e/l/wellnow/Ranma12OP2-1.swf

(MASL版のらんま1/2のOP途中)
http://blog-imgs-19.fc2.com/w/e/l/wellnow/MASLRanma12OP2.swf

一番の違いは背景がM-MASL版では茶、MASLでは16色の限界で背景まで色が回せないのでしょう、真っ黒ですね。

でも、わたしが持っているデータの比率としては16色のMASLの方が多いのです。なぜでしょうか?

答えはPCユーザーの数だと思われます。

何度か繰り返してきましたが、その当時PC-9801系・EPSON PC系に比べればPC-9821系はシェアが圧倒的に少ない訳です。せっかくデータ作っても反響が少ないと、やはり作者としては悲しいでしょうね。

そういう環境の中で、PC-9801系・EPSON PC系で、M-MASLデータを見られるローダが色々開発されます。具体的には前述の「ウインドウアクセラレータ」を用いて256色対応のM-MASLを見られる様にしたのですね。

ウインドウアクセラレータとは、Windows3.1を広く使うための現在で言うところのVideo Cardなのですが、当時色々流行していたチップでは廉価で結果的にシェアが広くなった
http://wellnow.blog51.fc2.com/blog-entry-40.html
のCirrus Logic社の64bitビデオチップ、GD-5434を使ったM-MASLローダが開発されました。

これで、PC-9821という最新機種買わなくても、現在持っているPC-9801・EPSON PC系でM-MASLを堪能することが出来たので、全く重宝いたしましたね。GD-5434は。
スポンサーサイト

<< ソフトウエア進化の前後でSC-88に買い換えました | ホーム | 256色に増強されたM-MASL >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。